MACHI塾プロジェクト

EVENT REPORT01

今田商店
試飲会

2017.7.15 sat

 

「MACHI-塾プロジェクト」イベントの第一弾として、中央区新川で四代続く酒屋『今田商店』で試飲会が開催されました。新川の今と昔、この周辺の暮らしやすさ、お酒のこと。この地をずっと見続けてきた視点でのお話を伺いながら美味しいお酒を愉しんだ素敵な会となりました。

 

今回試飲した日本酒は、広島県東広島市の西条にある賀茂鶴酒造のお酒。大吟醸から梅酒まで、さまざまな種類のお酒を試飲しました。中には、オバマ大統領が来日した時に飲んだ「大吟醸・特製ゴールド賀茂鶴」なども。このお酒は日本で初めて大吟醸で商品化された銘品です。香りも穏やかですっきりと辛口。「料理を引き立ててくれる味」だと大好評。桜の金箔が入っていて、飲む愉しさも味わえました。また全国の品評会で一位になった梅酒も絶品。日本酒の深みを嗜みました。

「今田商店では、月に数回試飲会を開いてます。おかげさまでいつも多くの人で賑わってます。」

 

今田商店の本家は広島。東京でお店を開いたのはもう90年以上前になります。江戸時代、新川が酒問屋で栄えていたという縁もあり、新川で営業を続けています。酒問屋が並んでいた頃は町内に堀があり、そこに全国から年間で4斗樽100万樽ものお酒が集まってきていました。やっぱり江戸っ子は日本酒大好きだったようですね。

「新川は都心に近いうえに、公園も多く、小さな子どもたちもたくさんいますね。」

 

越前堀児童公園(現地より約100m/徒歩2分)

都心でありながらも静かで落ち着いた住宅エリアである新川。近年はマンションなどが多く造られ、新しい住人がとても増えたといいます。平日の昼間は会社員に混じって小学生の子供たちが賑やかに歩く姿が日常の光景になっているとのこと。小学校や越前堀児童公園などが改修されて子育て環境もさらに充実しました。また下町気質が今も残るこの界隈では住人同士のつながりも深く、町内会の祭りやイベントなども活発に行われており、家族ぐるみの交流の機会になっているそうです。この試飲会イベントなどもそうした催しの一つですね。親しみと温もり、そして愉しみがある新川。家族みんなの豊かな東京生活が叶えられそうです。

「MACHI-塾プロジェクト」ではこれからも愉しいイベントをたくさん企画していきます。また今田商店でも、お店での試飲会などを定期的に開催しています。イベントに参加して、新川の暮らしやすさと親しみやすさに触れてみませんか。

※掲載の写真は平成29年7月に撮影したものです。

←MACHI塾プロジェクトTOPへ戻る